カテゴリー別アーカイブ: 無料画像

実は今、入ってます。

最近、実家を出て念願の一人暮らし!と思っていたらとんだ邪魔が入ってしまいます。
引っ越し代もそんなになかったので、家の近くにアパートを借りたのですが、これが大失敗。
何故か妹たちが頻繁に遊びにくるようになってしまったのです。
かいづかの実家にいたときは部屋も別々だったし、無料だったのであまり気になりませんでしたが、せっかくアパートを借りて家賃を払っているのに部屋を占領されてはたまりません。
妹たちにしてみれば気兼ねなく遊べて無料の部屋という位置づけなようですが、いつ帰っても実は今入ってます状態では、たまったものではありません。

だって、考えても見れば無料なのは妹たちにとってだけ。
かいづかのアパートの家賃を払っている方からしたら、すごく邪魔なのです。
お風呂に入ろうとしても実は今入ってますとか言われてしまったり、とにかく邪魔!
力づくで追い出そうとしても妹たちは全くいうことを聞きません。

かいづかのアパートがよほど居心地がいいのか、夕食の時以外はほぼ入っているのです。
こんなに邪魔されるとは思ってもいなかったのですが、無料でくつろげる場所をつくってしまったことを悔やむしかありません。
かいづか 実は今入ってますではそんな傍若無人な妹たちに反撃の鉄槌を食らわせようと企むところから始まります。
いくら可愛い妹とはいえ、毎日の用に居座られては本当に邪魔ですから。
かいづかのアパートに無料で入れる状況を変えるべく、いろいろ画策するのですが。。。
お風呂で実は今入ってます状態になってしまうのは想定外でした。
妹たちにとっては無料で使えるお風呂なので、勝手に改造とかされていたのですが、これを阻止しようとしたらちょっとした喧嘩になってしまったのです。
まさか妹たちがここまで強気に出てくるとは思いませんでした。
何故なら妹たちは「無料で借りている」と思ってくれていると勘違いしていたのです。
ところが実際は、「兄のものは私のもの」的なジャイアニズムな発想をしていたのです。
まさかの想定外が連続してお風呂で実は今入ってマスになってしまい、収集に一苦労してしまいます。

ラッキードスケベ!

ある日フリーマーケットをフラフラしていた時ににつけた古いお守りが引き起こす連続スケベのストーリーです。
そのお守りを扱っていたお店は古いものばかりを扱っており、その中にこのお守りもうずもれていました。
ヒロシがそれを見つけたのもほとんど偶然。
しかも、そういったものを信じないヒロシは転売目的で買った程度です。
そのお守りの効能は「淫運成就」。金運成就とかなら聞いたことありますが、淫運とは・・・
恐らく書いてある事そのままのことが起こるのでしょうが、そんなラッキーに出くわしたことがないヒロシはほぼ信じません。
それでも、もしかしたらと思って1日身に着けてみることにします。
もしなにもなかったらその程度ということで転売すればよいだけという軽い気持ちだったのでしょう。

しかし、このお守りはヒロシの軽い気持ちを粉々に打ち砕くほど強いものだったのです。
家を出た瞬間からラッキードスケベの連続です。
最初のうちは偶然だと思っていたヒロシもあまりに連続して起こるラッキードスケベにお守りの力を信じざるを得なくなります。
こうなるともう転売どころではなく、いかにうまく使ってラッキードスケベを起こすかを考えだします。

このお守りの残念なところは身に着けていないとラッキードスケベが起きないという事。
それならと、ヒロシはお守りの中身を食べてしまいます。
体内に取り入れてしまえばいつも身に着けているも同然という危険な考えですが。
一応、効果がなかったことを危惧して半分だけにしたのですが、ヒロシの思惑は完全に当たります。
これ以降、お守りなしでもラッキードスケベが起こりまくります。

調子に乗ったヒロシはラッキードスケベ!後編で残りの分も食べてしまいます。
するとヒロシの身体に思いもよらない効果が。
なんといくらヤってもヤり足らない身体になってしまったのです。
幸い相手はいくらでもいますのでやりたい放題のヒロシ。
ここまで行くともはやラッキードスケベどころの話ではありませんね。
想い通りにやりたい放題のラッキードスケベ。まろん☆まろんさんの新作というだけあって読み応え抜群だと思います。

間違って男性専用車両に乗った私。乗客にOK娘と勘違いされ

痴漢防止のために男性専用車両が導入されたある路線。
要するにオッサンはこの車両に乗ってろと言うことなのですが、痴漢と間違われたくないニーズはそれなりにあって、一定の成果を収めています。

痴漢と勘違いされない反面、オッサンだらけという嬉しくもなんともないこの車両。
しかし、この車両にはある伝説があったのです。
その伝説とは男性専用車両に乗ってくる痴女がいるというもの。

男性専用車両に乗ってくるくらいだから痴漢し放題らしく、一度はお目にかかってみたいと思う男子は多いようです。
主人公もそのひとり。しかし、主人公はいつも妹と一緒に通学しているので、男性専用車両に乗る機会なんてありません。
しかし、ある日忘れ物をして家に取りに帰ったため、妹とバラバラになります。

チャンスとばかりに男性専用車両に乗る主人公。
伝説の痴女を探してうろうろしていると・・・ホントにいた!!

この伝説の痴女とはどんな子なのか気になって近づいてみる主人公ですが・・・
なんとその子は妹だったのです!
どうやら間違って男性専用車両に乗ってしまったらしく、逃げ場を失って痴漢されてしまったのです。
乗客は妹をOK娘と勘違いしてしまいやりたい放題。
さすがにこのままにはしておけないので助け出してあげたのですが、いろいろヤられた妹はもう息も絶え絶え。

(こいつってこんなに色っぽかったっけ?)
と思ってしまうほどだったのです。
さすがにギリギリで踏みとどまりましたが・・・
それでも妹はかなり怒っているらしく、その日から口をきいてくれません。

間違ったのはお前だ!と言いたくなる気持ちもわかりますが、妹の気持ちを考えてみれば無理もありません。
OK娘と勘違いされただけで、複数人からいろいろされてしまったわけですから。
しかも、間が悪いことに電車から降りた直後を同級生に目撃されて、いろいろ勘繰られてしまいます。
勘違いが勘違いを呼ぶ最悪の展開ですが、悪いことは続きます。

翌日には主人公が女性専用車両に間違って乗ってしまうのです。
そして、そこに居合わせた同級生に助けてもらうのですが、もっとひどいハプニングを起こしてしまいます。
間違って男性専用車両に乗った私【あかつき聖】では、間違って男性専用車両に乗った妹の悲劇が堪能できます。

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

女の子が落ちてくるという夢のようなことが起こる「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」

落ちてくる女の子は当然自由落下なので、下にいる主人公はその女の子をどうするか自由。
のはずなのですが、実際には天井を突き破って落ちてきます。
天井と床までの距離なんて、せいぜい2~3m。
この距離から何の前触れもなしだと、どうしようもないのが実情です。

実際、主人公はどうすることもできませんでした。
とはいえ、女の子の方から狙ったかのように息子の先っぽに落ちてきてくれたので、主人公は何もせずとも最大限に美味しい思いができます。

こういう時、最悪のタイミング(女の子にとって)は重なるもので、ちょうど主人公は一発抜こうとしていた時だったため、そのまま女の子の奥まで入ってしまうのです。
これには女の子も驚くと同時に気持ちよくなってしまいます。
女の子にとって唯一ラッキーだったのが、”初めて”ではなかったことくらいでしょうか。

こんなのが初めてだなんてあまりにも可哀想すぎるのですが、さすがにそれはなかったようです。
おかげで必要以上に痛い思いもしなかった女の子ですが、意図しなかった相手に入れられてしまったという事実は消えません。
何しろ、主人公と女の子の5分前に知り合ったばかりなのです。
出会って5分で・・・なんて何かのタイトルみたいですが、女の子にとって完全に想定外&不意打ちな分、「女の子の落ちた先は」の方がひどい扱いとなっています。
ただ、女の子は気持ちよかったことも確かだったようで、この後逃げようと思えば逃げられる状況でも愉しんでしまっています笑

コトが終わった後に冷静になった主人公と女の子。
改めて女の子が落ちてきた天井の穴を見つめて途方に暮れてしまいます。
まさか突然床が抜けて下の階まで貫通したなんて、誰も信じてくれないでしょう。
保険がおりる可能性も低そうですし、最悪の場合自腹修理となってしまいます。

さすがに頭を抱える女の子ですが、事態は思わぬ方向へと進みます。
主人公と女の子が住んでいる建物の管理人さんが現れたのです。
管理人さんはこの事態に驚きこそすれ、怒ったりはせず、とりあえず二人の生活に支障が出ない様にいろいろ配慮してくれます。
管理人さん、ものすごくいい人です。。。

この事件の顛末は「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」で読めます。

ひぐま屋の本洗いは女の子が可愛い

とある近所の銭湯で想像の斜め上を行くサービスが提供されていたというお話です。
作者はひぐま屋なので、女の子の可愛さは抜群です。

世の中には一般人が知らないこともたくさんあります。
それはお金持ちだけの特権であったり、閉じたコミュニティの中でだけ享受できるものであったりと様々ですが、どちらも普通に暮らしているだけでは接点がないという共通点があります。
大抵の場合、このようなサービスは一般常識からかけ離れて便利だったりエロかったりするのです。

ひぐま屋のもしも近所にでは、普通だと数万円取られるようなサービスがたったの1000円とか2000円程度ええ提供されていることが描かれています。
この事実を知ってしまうと風俗に行くのもばからしくなってしまうのですが、それ故に関係者は外部に絶対漏らさず、自分たちだけの特権としています。

しかしこのエッチなサービスは、銭湯のオプション扱いなので、その銭湯を見つけさえすれば利用することができます。
ごついSPがいたり、入場にあたって身分証明書を求められたりしないのは唯一の救いでしょうか。
しかし、その銭湯を見つけること自体は至難の業です。

たまたま近所にその銭湯があったとかでもない限り、行くことはできないのです。
それほどまでにハードルの高いサービスなのですが、そこまで行きついた時の達成感はたまりません。
恐らくほとんどの人はリピ確定菜のではないでしょうか?
あまりにリピート率が高いので、既存客だけでお店が回る為、Hなサービスの質も保持されるという好循環です。

ひぐま屋の本洗い漫画では、その様子がしっかりと描かれています。
管理人のおすすめは従業員のカレンさんですが、店長のあきさんも捨てがたいです。

カレンさんはアメリカ人のハーフなので、ノリと発育の良さは抜群です。
さらに店長より10歳以上若いので、少々ハードな事も大丈夫というのも良いですね。

ガキにもどって犯りなおしを読んだ感想

石段から滑り落ちたら、時間までスリップしてしまったという超展開から始まります。
落ちて目が覚めたら、ガキにもどってしまった主人公。
石段で滑ってから下に落ちるまでの記憶はすっぽり抜けていますが(気絶していたので当然ですが)、それまでの記憶は全く棄損していません。

つまり、ガキ(タイムスリップ先)の時から大人になるまで(タイムスリップ元)の間の記憶と経験はそのままだったのです。
こんな美味しい状況は他には絶対ないと言ってもいいです。
何故なら、この後誰が何をするのかが完全に把握できているのですから、いくらでも先回りし放題なのです。

もっとも主人公はタイムスリップした当初はそんなことに思い当ってはいませんでした。
ただ、ガキの時にいじめられていた相手に再会して震えていたのです。
主人公が自分のアドバンテージに気づくのはいじめっ子に復讐を思い立った時からです。

何しろ、ガキである主人公と同年代のいじめっ子とは20年以上の経験の差(タイムスリップ元の容姿から逆算ですが)があるのです、いじめっ子が多少悪だくみをしたところで主人公に敵うはずはありません。
主人公は文字通り赤子の手をひねるようにいじめっ子たちを撃退していきます。

主人公の変わりぶりを見たクラスメイト達は主人公を恐れ、自動的にヒエラルキーはトップになってしまいます。
もはややりたい放題の主人公。学校の勉強もかつての経験を活かせば全く問題になりません。
先生すら舌を巻くほどの学力を発揮し、学校で主人公を止めるものはいなくなってしまいます。

主人公のやりたい放題っぷりはガキにもどって犯りなおし感想と無料画像で読むことができます。

子作りツアーへようこそ!

ある日、届いた南国ツアーの招待券。
無料だというので何気なく参加してみると・・・

連れてこられたのは女の子ばかりの島!
どうやらこの島は男が生まれる確率が異常に低く、結果として女の子ばかりになってしまったのだとか。
当然、島の人口を維持していくためには男が必要なので、呼ばれたのが主人公というわけだったのです。
この島での主人公の役目は誰でもいいから子作りするというもの。

文字通り男がいない島でヤリたい放題にエッチする権利を得た主人公。
彼女すらいなかった主人公にとってはまさにヘブン状態です。
何しろ道ですれ違う子からいきなり子作りを申し込まれたりと今までのモテない人生が一変するほどのショックを受けます。
もちろん断る理由なんて全くないので、島中の女の子と子作りする勢いでエッチしまくります。

この島は遺伝なのか女の子はみんなスラっとしていて可愛い子ばかりです。
もはや島に住み着きたくなるレベルです。
そんなかわいい子とヤリまくれる主人公がうらやましすぎます。

ちなみに主人公の記念するべき最初の相手は船着き場に迎えに来てくれた女子校生3人組。
彼女らにたっぷり注ぎ込んだ後は旅館で親子丼を楽しんだり、街中を歩く女の子とその場でやったりとやりたい放題です。
島民の女の子が可愛すぎる「子作りツアーへようこそ!」はこちら

俺が独占!?アイドルと公開エッチ

主人公の幼なじみ奥山愛は毎日のようにテレビに出ている売れっ子巨乳アイドルです。
テレビに出ているときは超可愛いのですが、実際にはかなり高飛車な性格です。

愛から電話がかかってきたかと思ったら、ちょっと雨が降ったから傘を持って来いというのです。
「私にプライベートで呼び出されたのよ!もっと早く来なさい!!」
折角傘を持ってきても文句ばかりの愛。
しかも「もういい!」と言って勝手に帰ろうとします。

しかし、その時愛がうっかり滑ってしまい、愛の身体を支えようとした主人公はうっかり愛の巨乳を揉んでしまいます。
それだけなら愛に殴られるだけで済んだのですが、愛のおっぱいを揉んでいるところをマスコミ関係者に見つかってしまいます。

(明日のスキャンダル確定だな・・・)
主人公は周りからのバッシングも覚悟していたのですが、なんとそのニュースは全く流れません。
実は愛の所属する事務所がそのスキャンダルをもみ消してしまったのです。

本当なら胸をなでおろすところですが、愛の様子は少し違いました。
実は愛はアイドルを辞めたくて仕方がなく、何とかしてスキャンダルを作ろうとしていたのです。
それを知った主人公はスキャンダルつくりに協力することになるのですが・・・!?

密室処女で女の子を連れ込んでエッチしまくり!?

美雨はとある塾に通う女子校生です。
塾生の中で一番かわいいと言われる美雨ですが、どうも本人にはその自覚が欠けているようです。
無防備すぎて塾生の間でも危険人物として有名な用務員の木村というおっさんに密室に連れ込まれてしまうのです。

連れ込んだのがイケメンなら美雨の対応も少し違ったのでしょうが、残念なことはに木村はハゲでキモいおっさんだったのです。
木村に迫られて絶体絶命の美雨ですが、「怒らせたら何をされるかわからない」という恐怖に支配されてしまいます。

「密室処女」というタイトルにもあるように、美雨は処女で誰かと付き合ったこともない女子です。
そんな子がキモい木村に迫られてしまい、怖くて仕方がないようです。
連れ込まれたのが塾の用務員室なので、叫んだりしたら誰かがきてくれる可能性は高そうなのですがm美雨にはそんなことも思いつかないほど余裕がなくなっていたようです。
そもそも美雨は木村が自分のことを知っているとは思っていたんかったのです、連れ込まれて個人情報を全部言い当てられた時点で少しパニックになってしまったようです。

(この人、私の子と全部知ってる・・・?)
ここまで計画的に行動を起こしたということは、美雨を逃がさない仕掛けも施されている可能性もあります。
それを考えると、美雨は怖くなってしまったのです。
そんなおびえる美雨を見て計画の成功を確信した木村は自信満々に近寄ってきます。
それが一層美雨の恐怖を助長するという悪循環なのですが、美雨はこの悪循環から抜け出す方法を知りません。
そうこうしているうちに木村は計画をさらに進めてしまいます・・・

同級生は親父の嫁。ベッドの上では俺の嫁。 同級生で幼馴染を寝取りまくる!?

幼馴染のエリカは学園でもトップクラスの人気を誇る美人です。
水泳の授業の時などはギャラリーで埋め尽くされるほど。
ケンジはエリカと幼馴染なので紹介しろとよく言われるのですが、残念なことにここ数年はあまり交流がなく、ほとんど他人状態なのです。

交流がないと言ってもケンジはエリカのことが嫌いなわけではなく、むしろエリカを隠し撮りしては携帯の待ち受け画面にしているほどです。
ところがある日、こんな日常をひっくり返す事件が起きます。
事の始まりは、親父からのメッセージです。
「大事な話があるから、夜は至急戻られたし」

普段連絡をよこさない親父がこんなメッセージを送ってくるなんてよっぽどなのでしょう。
バイトも休んで家に戻ると・・・そこには下着姿のエリカがいたのです。
エリカにとっても不意打ちだったらしく、パニックになってしまい、こちらに突っ込んできます。
倒れた拍子におっぱいを揉んでしまったり、平手打ちで反撃されたりするのですが・・・
そんなドタバタをしているうちに親父が家に戻ってきます。

ケンジと絵親父とエリカが居間に揃って話が始まるのですが、親父の横にはなぜかエリカが座っています。
「実はな・・・お前の新しいお母さんのエリカ君だ」
親父の口から語られたのは、エリカと結婚したという事実でした。
(「同級生は親父の嫁。ベッドの上では俺の嫁。」はここからきているのですね)
どうやって親父が学園のアイドルを射止めたのかは置いておいても、これからエリカと暮らすという事実だけでケンジの頭はいっぱいです。

深夜になっても頭の中が混乱して眠れないケンジ。
ふと携帯で時間を確認しようとしたとき、携帯がないことに気がつきます。
実は携帯はエリカの寝ているベッドに置いてあるのです。
待ち受け画像がエリカの写真だとばれたら大変です。
エリカが携帯に気がつく前に携帯を奪還するべくエリカの寝室に向かうのですが・・・
ハプニングが起こらないはずはない「同級生は親父の嫁。ベッドの上では俺の嫁。」はこちら